骨折体験談

【骨折体験談13】─骨折から12ヶ月─スケボで腓骨脛骨骨折

こんちは!オレンチ(@1080Buttobi)です!

2018年7月22日深夜。僕はスケートボードで右足の腓骨脛骨を2本とも骨折してしまい、その経過と体験談を記事にしています。骨折記事としては久しぶりの更新です。

今回は、

骨欠損についてのお話です。

骨折から1年。骨の状況は…。

結論から言ってしまうと、手術の際に入れた骨を補強するプレートが一生外せない可能性が浮上してきました…。

なんでも骨欠損というらしく、バラバラになってしまった骨の一部が消失してしまい(原因はわからない)脛骨の一部がぽっかり穴が空いているような状態になってしまっているとのこと。

写真の矢印の部分が骨欠損になってしまっている箇所。

誰が見てもわかるくらい骨ないでしょ!

プレートを抜いてしまうと骨がない部分からポキっと折れてしまう危険があるそうなんです。

厄介なのが欠けてしまった部分は今後、治るかどうか微妙らしく専門のお医者さんでもなんとも言えなんだそうです。

このまま一生ポッカリ欠けたままの可能性もあるし、治る可能性もあるとのこと。

問題なのがプレートを止めている釘の部分が歩くと痛むんですよねぇ…。一生これを抱えて生きるのかと思うと憂鬱でなりませぬ…。

プレートを入れた状態だとしても強度は以前と同じ。というわけには行かず、スポーツも制限されてしまいます。

今できることを軽くまとめると

  • 軽いジョギング
  • 滑るだけならスノーボードも可
  • キャンプ

こんなところでしょうか。

ただしジョギングは少しでも走ればすぐにプレートを止めている部分が痛み出します。

キャンプは何不自由なく出来ています。

スノーボードは次のシーズンあたりに数回チャレンジしてみようかと思っています。

足が固定されていない分、スケートボードはもうやめておいたほうがいいかもな〜と忠告されました。(折れている足で着地する可能性が著しく高く、かかる体重によっては再骨折の危険性もあるため。)

経過を見つつ、今後出来る事、出来ない事をお医者さんに相談しながら決めていこうと思います。

次回の受信は19年10月!